"お金"について

2022年04月29日




「お金」について考えてみませんか?



かの有名なピカソさん

ある日レストランに入ると

店員が話しかけてきた

「ピカソさん、あなたの大ファンなんです!

私に一つ絵を描いてくれませんか?」

と、小さなナプキンの紙を差し出した

ピカソさんは微笑んでササッと絵を描いた

「はい、1万ドル(100万円)になります」

と言って、その絵を店員に手渡した

店員は驚いてこう言った

「え!?たった30秒ほどで描いた絵が!?」

するとピカソさんは再び微笑んでこう言った

「いいえ、私の30年と30秒ですよ」と・・・







この話が実話かどうかはさておいて・・・

心得ておかなきゃいけないなぁ〜

大事な話だなぁ〜って思うんですね







こちらは実際にあった友人の話

ウエブデザイナーをしている友人の顧客が

HPのデザインの相談に来たそうな

お客さんの要望を聞きながら

目の前でササッと作業した

お客さんはあまりの作業の速さと

生まれ変わった素敵なデザインに

とても驚き、喜んだそうな・・・





しかし作業料を請求すると

「こんな短時間の作業でこの金額?!」

と憤慨したそうだ・・・

しかし彼は言っていた

「そこまでスキルを高めるのに

自分がどれくらいの時間と努力を

要してきたと思っているんだろう?

急なアポにもかかわらず

困っているのだろうと思って

対応したのに!」と…

確かに彼はものすごく努力をしてきた人

誰もができない仕事ができる人

そこまでの仕事ができるまでの努力と時間と費用

それを考慮すれば決して高くはない金額…





「お客様は神様です」

という言葉がありますが…

その言葉を誤解してはいませんか?





バックナンバー

【2022年】