謹賀新年

2022年01月01日

謹賀新年


謹んで新年のご挨拶申し上げます



大晦日

ゆく年くる年を見ながら…

令和3年はどんな一年だったかなぁ

と思い返していました…

皆様にとっては

どんな一年でしたでしょうか…?




一心寺では

毎年元旦は朝7時から

修正会(しゅうしょうえ)という

新年の勤行を勤めています

正信偈を勤めた後

参加者はみな

一人ずつ新年を迎えた気持ち

年頭の抱負を述べるのが

慣習となっています

今日も皆さまそれぞれに

お話いただきました






わたしは…というと

昨年はなんだかわからないままに

一年が過ぎてしまったなぁと…

そこで思い出したのが『波紋』




以前、とあるお寺の縁側で

そのお寺のご住職と鹿威し(ししおどし)を

眺めながら話していたときでした

鹿威しの竹が傾いて水が流れた後

カコン♪と竹の筒が元に戻ると

竹の先から一滴の水が落ちる…




すると

水面に落ちた一滴の水から波紋が起こる

その波紋は臼の中央から端に向かって

広がっていく…

しかし水は臼からこぼれずに

波紋はまた中央に戻ってくる…

いったん中央に戻った波紋はまた

臼の端に向かって広がっていく…

すると今度は臼の端から少しの水がこぼれる…





カコン♪と鹿威しが鳴るたびに

これを繰り返すのです…

おもしろいなぁ〜

不思議だなぁ〜

と眺めていました

その時にふと

あぁ〜

人生もそういうものかなぁ〜

波紋が広がっていく時は

外に出て

新しい世界に踏み込んだり

新たな出会いがあったりする時



波紋が中央に戻っていく時は

内に籠って自分を見つめ直す時

エネルギーを溜める時



そしてもう一度波紋が広がっていくと

水が溢れ出して

なにか大きな出来事や出会いが生まれる時

それを繰り返すんだなぁ〜

今までを振り返っても

まさに波紋のような人生だったなぁ〜

それをこれからも繰り返すんだろうなぁ〜

と思ったことを思い出したのでした…





今年はまだ私にとっては

エネルギーを溜める時なのかもしれません…

二度とない一日一日を大事に過ごしたい

そしてなにかを創造していくエネルギーを

溜めたいなと思った大晦日・元旦でした




本年もどうぞよろしくお願いいたします

謹賀新年

バックナンバー

【2022年】