「むずかしい」を「わかりやすく」

2021年05月18日

「むずかしい」を「わかりやすく」

こんにちは(^-^)

ときどき

「奔放だよね」とか「変わってるよね」

と言われるじゅーしょくです(^0^)




さて

今日は”むずかしいことをわかりやすく”

ということで書いてみたいと思います。


仏教ってほんとに難しくて

ややこしくて

難しい言葉ばっかりで…

理解しづらいですよね…




本当はすごくシンプルで分かりやすいのが

ブッダの教え、のはずなんですけどね…(^^;;



今日お尋ねされたこと…↓

「本願寺(浄土真宗)ってどういう宗派なの?」


かんたんに言うと・・・



一般的に

神様(神社)や仏様(お寺)にお参りすると

「〜なりますように!」

と手を合わせてお願いしますよね?!

自分の願いを叶えてもらえるよう祈りますよね?!

『私の願い → 神様・仏様』と…



でも本願寺(浄土真宗)は逆なんです!!

「仏様は私に何を願っているのだろうか?」と

仏さまの願いを問い訪ねていくのが

本願寺(浄土真宗)なんです!

『仏様(ブッダまたは亡き人) → 私』ということです



わかりづらいですか?

わかりづらい方は

遺影のお写真などじーっと眺めて

亡き人と心の中で会話してみてください

亡き人(仏さま)がいま、私に何を願っているか…

亡き人の言葉が聞こえてきませんか?

毎日手を合わせて

仏さまの願いをたずねていくのが

本願寺(浄土真宗)なのです!!











ちなみに


ちなみにですが…

「東本願寺と西本願寺はどう違うんですか?」

と、よくお尋ねを受けますが

これもわかりやすく言えば…


アルファードとヴェルファイヤのちがい

スプリンタートレノとカローラレビンのちがい

みたいなもんです…(^^;;

つまり、本質的にはいっしょ!! (^^;;






※「わかりやすく」「かんたんに」すると

どうしても、いろいろと漏れやズレが生じますが

そのあたりはどうぞご理解を(^^;;

「むずかしい」を「わかりやすく」

バックナンバー